お金を稼がなければ生きていけないという当たり前のことに、大変憎悪を感じます。そのうえ、無能ゆえ自分にできる限界ギリギリで働いても、糊口をしのぐ程度にしか稼げないという現実がウソみたい。バカみたいな話ですが、わたしはいまだに、そしてたぶん死ぬまで「好きなことだけをしていたいのに、それだと生きていけなくて、会社員として働かなければ暮らせない」という現実に腹を立てている。でも、こういういつまでも労働への信じがたさを抱えているという幼児性が、自分の生い立ちに培われたものであるし性根なのだと痛感もしています。

2009-01-12 - 真魚八重子 アヌトパンナ・アニルッダ (via yuco)

カッコいい。この言葉はすごくカッコいい

(via nakano) 2009-01-12 (via gkojay) (via jinon) (via petapeta) (via fatherion) (via fumi-tano) (via soulboy) (via mnak) (via ipodstyle) (via yaruo) (via deli-hell-me) (via yaruolikes) (via yaruo) (via soramugi) (via sho235711)


joodle:

Garden of Words (2013) - Directed by Makoto Shinkai

(出典: cinemagreats)

1976年には聖火を電子パルスに変換する試みがあった。このパルスをアテネから衛星を経由してカナダまで送り届け、レーザー光線で再点火が行われた。


「プライバシーシール」は薄くても光を80%ほど遮断してくれます。明かりをさらに弱めたいときは、シールを重ねればOK。

もちろん、プライバシーシールではなく、ポストイットなどでも代用できます。しかし、ポストイットだと30%ほどの光しか遮断してくれません。それほど、LEDランプは強烈なんです。やはり、遮光性が高いプライバシーシールがオススメです


女に薬盛ってセックスするサークル(表向きはスポーツなどをしている)が「健全」とされて、オタクが仲間内で楽しんでるだけのサークルが「犯罪者の巣窟」とされる社会は確かに狂ってると思うけれど、人間は自分が想像できないもの、理解できないものを恐れる生き物なので仕方ない事だろうとも思う。


足の指から我が生き血をすする害虫には、子孫を残す資格などない。今ここでその息の根を止め、末代まで根絶やしにしてやる。化学兵器を投入する、これは戦争だ。


そう言えば昔バイト先に、「友達をAVに紹介すると儲かるうえに自分は出なくてすむ」という話をしてる女の子がいて、そういう空想に生きてるんだなと思っていたのだが、あるときヘタを打ったらしくバイト先にヤクザが嫌がらせのため電話をかけてくるようになり全て真実と判明して戦慄したことがある


頭と金とエレクチオンは、生きているうちに使え。(小池 一夫)


生保のことで煽りあっちまったからこの際言いたいことをぶちまけることにする。

まず、収入が途絶えて家賃滞納してるクズども。おまえらさっさと管理会社か大家に相談しろ。

おまえの現状が全くわからない以上、大家も強硬に出るしかなくなる。

逆に「ガチで収入途絶えてどうにもならない」なら、大家だって対策打ってやれるんだよ。

大家や管理会社や保証会社は大抵弁護士とつながりがある。家賃とりっぱぐれるくらいなら役所にくらい同行してやるって話だ。

ついでに、生保を取るほどじゃないなら一緒になって返済スケジュールを組んでやる。

結局のところ大家だって人生にままならない事態が起こりえることくらいわかってる。

ついでに言えば、対策も知ってる。更に言えば、裁判やって強制執行まで持ってくにはコストがかかる。

大家だって管理会社だって保証会社の人間だって裁判も強制執行もやりたくねーんだよカネかかるから。

1Kの部屋から一人追い出すだけで150万近くかかっちまうんだ。

いいから、滞納カスどもおまえらはさっさと電話に出ろ。話をしろ。何とかしてやる。

最悪きちんと生保に放り込んでやる。だから、出てこい。大家も管理会社も基本的にはおまえの味方だ。

おまえが逆さに振ってもカネが出ない状態なら、おまえを追い込んでも何一つ得がねーんだよ。

さっさと電話に出ろ。俺はおまえが電話に出るまで、おまえがドアを開けるまでおまえの家に通うぞ。

そして、「死のうかな」と思ってるクズども。頼むから部屋の中で死んでくれるな。

俺は最近ついにブチギレて、自殺者に関しては遺族に裁判を起こす方向にシフトチェンジした。

俺はおまえの遺族を徹底的に追い込む。「部屋の中では死なない」がマナーとして根付くまで

俺はおまえの遺族を絶対に逃がさない。職場に怒鳴り込んででも回収する。

おまえの銀行にヒットするまで差し押さえる。おまえがノイローゼになるまで督促状を送る。

おまえの年金暮らしの両親から俺は金を差し押さえる。それがイヤなら親に相続放棄の手続きをするように言っておけ。

せめて俺に諦める理由を寄越せ。

それでも死ぬ奴、冬に死ね。頼むから夏はやめろ。

おまえは知らないと思うがな、おまえが死んだ後おまえの身体は液状化する。そして床にしみこんでいく。

下の階の奴の頭の上にとろけたおまえがポタポタ落ちるんだ。相手の身になって考えてみろ。

そして、信じられない量の蝿が沸く。その中にバケツを持って分け入って、おまえを回収する俺の気分を考えたことがあるか?

警察に「持ってけるだけはもってきますけど…」って言われた時の絶望感がおまえにわかるか?

それを清掃するのに幾らかかると思う?そしてもちろん清掃が終わってもすぐにはマトモな値段では貸せない。

老衰は仕方ない、しかし貧困に起因する自殺。それだけはやめろ。

いいか、カネの問題は所詮カネの問題だ。なんとかする手段はあるし、大家はおまえのカネの問題を

なんとかしてやるインセンティブがあるってことを忘れんな。滞納してても俺はおまえの敵じゃねえ、相談しろ。なんとかしてやる。

逃げるな、死ぬな、諦めるな。いいか、おまえに出来ないことを何とかするために俺たち管理屋さんや保証屋さんがいるんだ。

頼れ、それが俺にとってもおまえにとっても一番マシだ。

だから早く電話に出ろや田中!